短期合格を目指せる司法試験予備校

短期合格を目指せる司法試験予備校・専門学校

受験まで勉強時間が十分に確保できない方、短期学習で合格を目指したい司法試験、予備試験受験生は必見となっていますよ!ここでは最短で試験突破が期待できる受験専門学校を紹介!合格者の体験談、口コミ&評判を交え紹介していますので、試験対策の参考比較としてご覧下さいね!

 

 

  1. 全国対応
  2. 低価格で高品質
  3. いつでもどこでも学習OK
  4. 忙しい方におすすめ

 

 

LEC東京リーガルマインド

 

矢島の速修パック

 

〔速修〕矢島の速修インプット講座

  • 全36回(108時間):憲法5回、民法8回、刑法7回、会社法4回、民訴4回、刑訴4回、行政4回
  • 重要事項の本質を短期間で理解するメリハリある講義
  • 司法試験の合格レベルに導く質の高いテキスト
  • 法的三段論法が自然と身に付く

 

司法試験の最終合格に必要な知識を短期間で取得できる講座となっており、一般的な入門講座と比べると3分の1程度の講義時間ですが、論文試験や短答試験の合格に必要な重要知識を全て身に付けられるように講義しているのが特徴です。

 

〔論完〕矢島の論文完成講座

  • 全23回(92時間):憲法3回、民法4回、刑法4回、商法3回、民訴3回、刑訴3回、行政3回
  • 論文対策はこの講座だけで完璧にできる
  • 論文合格に必要な知識を答案例の形で学習できる
  • 試験考査委員が求める合格答案を作成できるよう能力が身に付く

 

取扱う問題を厳選した上で、矢島講師が責任を持って解答例を全て作成、合格答案の作成に必要な思考方法を徹底的に講義していきます。大量の問題に手を出しても結局、司法試験の長文問題に対応できるだけの論文力が身につかない人が多いなか、この講座を受講することで真の論文力を身につけることができるとしています。

 

重要知識を身につけておけば、どのような問題が出題されても常に安定して合格答案が書けるようになります。

 

そこでLECは司法試験短期合格が目指せる資格予備校として関心を高めておきたいものです。矢島オリジナル速修パックは、少ない学習時間で試験突破できる実力を身につけることができるとしています。通学、通信、提携校Webクラス等で受講することができますので、全国の受験生が利用できます。

 

矢島講師の講座がセットになったパックを選んだのは、一貫した指導のもとで合格を目指せると思ったからです。というのも、重要事項完成講座知識編(現矢島の速修インプット講座)であれば、論点括りだしのぶつ切りのようなテキストではなく、基本書のように論理的にテキストが作られているので理解がしやすいですし、過去問分析編(現矢島の論文完成講座)では講師自身が徹底的に考え抜いて作成した参考答案を掲載してくれているので、自分の思考と合格するための思考との距離を測るとてもよい物差しを与えてくれるからです。

 

LEC東京リーガルマインド

 

TAC(Wセミナー)

 

4A基礎講座カリキュラム(全102回 / 約300時間)

 

  • 開講形態:教室講座、個別DVD講座、Web通信講座、DVD通信講座、教室+DVD通信講座
  • 4A入門講義
  • 4A論文解法パターン講義(全67回)
  • 4A条解講義(全35回)

 

徹底的に研究し尽くされた方法論「4A」に基づき、わずか300時間程度の講義で合格レベルに導くカリキュラムとなっています。短期合格が目指せる司法試験、予備試験の受験学校としてTACのWセミナーは注目です!

 

「4A論文解法パターンテキスト」のメリットは、条文の指摘が丁寧であること、規範が短いこと、あてはめが充実していることの3点だと思います。また、基準の出発点である条文をきちんと指摘し、かつ、短い規範を使ってあてはめを充実させた解答例は参考になりました。

4Aは非常に効率的な学習方法だったと実感しています。講義では、問題文の読み方や答案構成まで指導して頂き、問題の整理の仕方や検討事項の抜き出し方がわかるだけでなく、先生の答案例で重要論点を確実におさえることもできたと思います。

 

こんな方におススメ!

 

  1. 仕事や学校と両立して学習される方など、可処分時間が少ない受験生
  2. リーズナブルな受講料で最短合格を目指す方
  3. これまでに司法試験・予備試験・法科大学院入試の学習をしたことがあるが、論文式試験の成績が思うように伸びなかった方

 

Wセミナー

 

伊藤塾

 

司法試験(予備試験1年合格)コース 本科生

 

1年間で予備試験合格をしたい方向けプラン

 

  • 最初に法体系全体を知る 『体系マスター』
  • 合格の基礎となる知識を固める 『基礎マスター[法律基本科目]』
  • 基礎マスターの知識を定着させるトレーニング リーガルトレーニング[基礎編]
  • 論文作成力を養成 『論文マスター[法律基本科目]』
  • 答案の書き方を実践トレーニング リーガルトレーニング[実践編]
  • 7年分の解説・模範答案・再現答案を搭載 『予備試験 論文マスター』
  • 法律実務基礎科目の基礎知識から論文作成力までを実践的に養成 『基礎マスター・論文マスター[法律実務基礎科目]』

 

十分な学習時間を確保できる方が、学習ペースを保ちながら、短期間で結果を出すための速修カリキュラムとなっています。そして短期で予備試験に合格しても、その後の司法試験を突破しなければなりません。伊藤塾の司法試験予備試験対策は、1年予備合格は元より、さらに先を見据えた基礎力を培うことができる内容となっています。

 

「伊藤塾生学習支援システム」オプション!

  1. 短答式過去問題演習システム
  2. 基礎力確認演習システム
  3. 重要判例学習システム

通勤通学中でも、外出先でも、スキマ時間を効果的に活用できる学習サポートを実現しています。