司法試験ダブルスクールのメリット

司法試験ダブルスクールのメリット

弁護士や検察官、裁判官など法曹会を目指すため、予備試験合格も一つのルートとしており、現在、学生(大学生、高校生)で、司法試験予備校とのダブルスクールを検討している方は必見となっていますよ!ここではそのメリットや、並行して学習するためのポイントを紹介していますので参考としてご覧下さいね!

 

 

学生が司法試験予備校に通う理由!

 

  • 在学中に予備試験合格さらに司法試験合格を狙う
  • 専門的な知識をしっかりと学びたい
  • 独学での勉強は難しいから
  • 効率的に試験対策できる

 

司法試験、予備試験に特化している専門予備校は、これまでの経験、実績により独自の合格ノウハウがあり、またカリキュラムや教材等は、試験突破に必要なものが揃っているのが特徴です。また法曹会を目指す法学部生にとっても、司法試験は別物と考え専門予備校に通われている学生は多いようです。

 

学生が予備試験を受けるにあたって、司法試験予備校に通うことで勉強の指針などををもとに、より効率的に対策を行うことができ在学中の試験突破も期待できます。そのためダブルスクールメリットを活かし司法試験合格を目指す大学生は少なくないようです。

 

ダブルスクール(司法予備校)を始めるタイミング

 

弁護士、検察官、裁判官を目指すと決めたのであれば、早い段階から通学することで、その後の進路を優位に進めることができます。4年間の大学生活のなかで、最もベストは比較的自分の時間を作れる1~2年生の時期と考えられますが、将来の目標がまだ定かでない方は、今後の進路の道筋に応じて検討する必要があります。

 

そこで3~4年の就職活動やゼミ・活動を通すことで、法曹会になりたいと確信したのであれば、予備試験合格に向けてダブルスクールを始めるタイミングと考えられます。

 

ダブルスクール≪司法試験予備校≫両立のポイント

 

自分にあった学校選び

 

  • 学校、住まいから通いやすい立地にある
  • 合格実績がある
  • 目的に合わせたプラン、コースを用意
  • 学習進捗管理や質問制度といったフォローシステムが整っている

 

司法試験、予備試験に特化している専門予備校を選ぶ際は、費用はもちろんですがこれまでの実績も確認しておきたいものです。大学生の合格者を多数輩出していれば、学生受験生が試験突破できるノウハウも確立されている学校としてピックアップできます。

 

また多彩なコースラインナップされている学校は、学生でも無理なく継続できるプランで学習を進めていくことができます。そしてサポートやフォロー制度においても注目しておきたいポイントです。挫折しそうなときでも質問や相談できる環境があれば、乗り切り試験勉強することができます。

 

そこで各々の司法試験学校では、受講相談やイベント、無料体験など実施していますので、積極的に参加して比較することで自分にあった学校を見つけることができます。

 

ニーズに合わせて選べる受講形態

 

主に主要都市に集中して学校が立地していますので、特に地方在住の学生受験生は、通学する必要のない司法試験予備校(通信講座)に注目です!近くに通える学校がない場合はオンライン学習、DVD通信講座などにより試験勉強することができます。

 

また自分のスケジュールに合わせて通学したいという方においては、生講義のほかに個別ブースで受講できるスタイルが整っている学校もあります。さらに通学講座にWebフォロー、音声DLなど標準装備されているところもありますのでチェックしておきたいものです。

 

大学、司法試験予備校のダブルスクールを併行して学習するにあたり、自分にあった学習スタイルであることも大事なポイントとなります。