司法試験の通信講座比較・ランキング

司法試験の通信講座比較・おすすめランキング

最新版の司法試験通信講座・通信教育おすすめランキングを発表しているページです。

 

日本最難関と呼ばれている国家資格ですので、少しでも効率をアップした学習が合格・不合格を分けることになります。

 

当サイトで紹介している司法試験通信講座は評判&口コミ評価に優れている人気スクールですので、安心して受講することができます。

 

但し、1人一人ベストな司法試験通信教育は違いますので、徹底比較することをおすすめします。

 

選ぶ上で重要な5項目は下記の通りです。

 

比較するポイントまとめ!

 

  1. 合格者数・合格率等の実績
  2. 講師の実力・評価
  3. 費用・学費の安さ・格安度
  4. 口コミ・評判の満足度
  5. 知名度による安心感

 

それでは早速、おすすめランキングをご覧ください!

 

 

主なコース・費用目安

予備試験合格コース:¥89,980 (税込)分割例 月々 ¥4,360 × 24回から

法科大学院生のための司法試験合格コース 総合:¥129,980 (税込)分割例 月々 ¥6,298× 24回から

教材・学習スタイル

WEB/音声講座

評判・特徴

当サイトで紹介しているサービスの中でも最もリーズナブルな価格帯で受講することができるのがKIYOラーニング通勤講座ですね。予備試験ルート及び法科大学院生ルートの両方から司法試験合格を目指す講座が用意されているのが特徴的になります。価格帯においても15万円以下と他社と比較すると非常に安いことが分かります。最大100%OFFの参加無料の特別奨学生選抜試験があるなど、費用面で苦戦されている独学者も注目するべきスクールであることは間違えないでしょう。通勤講座に向いている受験生は主に忙しい社会人ですね。限られた時間の中で勉強する上で通学が負担になる方は結構多いと思います。通勤講座であれば電車の乗っている時や昼休みなどちょっとしたスキマ時間を使って学習することが可能です。働きながら合格を目指すならココ!

総合分析

 

 

主なコース・費用目安

司法試験 論文・短答過去問パック Web通信講座:通常価格171,000円、入会金10,000円

司法試験 論文・短答過去問パック Web通信講座:通常価格222,000円、入会金10,000円
※キャンペーン割引き及び最新の価格情報は公式サイトをご覧ください。

教材・学習スタイル

WEB動画、DVD通信

評判・特徴

司法試験のカリスマ講師が多数在籍している名門です。決して安い値段・料金ではありませんが、合格実績・口コミ満足度を考えるとコストパフォーマンスに優れていると言えます。判断思考マスター講義、事例研究行政法(第3版)徹底解析講義、会社法事例演習教材(第3版)徹底解析講義、民法総合・事例演習解析講義、水町「労働法」(第7版)解析講義、倒産法基礎講座、租税法超速重要判例マスター講義、国際私法基礎講座、司法試験合格者講義(公法系・民事系・国際私法・租税法)など多数のラインナップがございますので、1人一人に合ったタイプのコースを選ぶことができるはずです。まさに司法試験通信教育の王道的な存在ですね。

総合分析

 

 

主なコース・費用目安

総合講義300/全7科目:294,000円

総合講義300/全7科目USBメモリオプション:374,000円

教材・学習スタイル

WEB動画・家庭教師

評判・特徴

個別指導・個人別マネージメントオプションのあるスクールとして知られていますね。司法試験の家庭教師型で知られているアガルートアカデミーですが、オンライン講義に力を入れている通信教育です。特長を挙げると担当する講師は全員現行(新)司法試験に合格している実績のあるプロ講師です。最先端の受験経験がありますので、知識だけではなく、躓きやすいポイントや狙われる箇所についても知り尽くしています。また、オリジナルテキストについても講師が作成していてフルカラーテキストになっています。講義・教材共にハイレベルの予備校と言えるでしょう。

総合分析

 

 

主なコース・費用目安

秒速・総まくり2019+秒速・セレクト2019:通常価格188,000円(税込)

秒速・総まくり2019+秒速・コンプリート2019:通常価格218,000円(税込)

教材・学習スタイル

オンライン

評判・特徴

司法試験通信講座の費用が安い・格安はどこ?と聞かれれば間違えなくおすすめするのが資格スクエアです。老舗のWセミナー(TAC)、LEC東京リーガルマインド、伊藤塾などに比べると歴史は浅いのですが、質の高い講師によるオンライン動画は非常に人気を集めています。司法試験予備校と言えば高額なイメージがありますが、資格スクエアであればリーズナブルな価格帯で受講可能です。実力派で選ぶのであれば検討対象に加えておいてください。

総合分析

 

 

主なコース・費用目安

矢島のスタンダードコース通信WEB:182,520円

矢島のスタンダードコース通信DVD:199,800円

教材・学習スタイル

WEB動画、DVD通信

評判・特徴

オリジナル講座、通常コース・パック、単科講座、論文講座など目的に応じた選択ができるのが特徴的になります。LEC東京リーガルマインドは数ある司法試験通信講座の中でも人気で圧倒的な知名度を誇っています。実際に毎年多くの受講生を合格へと導いています。似ているタイプの予備校はWセミナー(TAC)ですね。2校で徹底比較して入会を決められる方も多いようです。講師陣についても実力派が揃っていますので、申し分ありません。安心して合格を目指すことができます。

総合分析

 

伊藤塾

 

主なコース・費用目安

2020年合格目標 司法試験 本科生(フル) 強化パック:914,800円

教材・学習スタイル

WEB

評判・特徴

「真の法律家・行政官を育成する」をキャッチフレーズに長年の歴史を誇る、老舗司法試験対策予備校です。開塾以降、高い合格実績を毎年維持されている点も選ばれる理由になっています。質+量に徹底的に拘ったカリキュラム構成も魅力的ですね。講師の質などあらゆる面で高評価を受けている伊藤塾ですが、講座ボリュームがある分、料金は高めになっています。安い・格安で選ぶなら資格スクエア、KIYOラーニング通勤講座が良いでしょう。逆に本格派の司法試験予備校を選ぶなら伊藤塾ですね。

総合分析