少人数制・クラス担任制の司法試験予備校

少人数制・クラス担任制の司法試験予備校

一人一人にあったきめ細かい学習指導は、少人数教育、担任制、マンツーマンならではのメリットであり、司法試験合格を目指す方において、関心を高めている受験生もいるのではないでしょうか。ここでは対応している司法試験受験学校を紹介!口コミ&評判、体験談を交え、特徴やメリットをまとめていますので、一発合格を狙っている学生、社会人は必見となっていますよ!

 

※こちらで記載している講座、カリキュラム、費用等は、今後変更、終了になることも考えられますので、申込みの際は公式HP,資料請求するなど確認して下さいね!

 

 

  1. 全国対応
  2. 低価格で高品質
  3. いつでもどこでも学習OK
  4. 忙しい方におすすめ

 

 

TAC梅田校通学限定!論文・短答実践ゼミ

 

  • 回数:全30回(論文対策25回/短答対策5回)
  • 教室講座<通常受講料 全30回一括>¥120,000 ※TAC受講生(対象コース)は50%Off
  • 現役弁護士による論文・短答過去問対策!論文添削指導も無料!
  • 月1回の個別相談であなたの受験をサポート
  • 対面指導で緊張感のある講義により、モチベーション維持

 

TAC(Wセミナー)の梅田校では、司法試験・予備試験受験生を対象に、指導経験豊富な現役弁護士から答案作成指導や添削を受けつつ、少人数制ならではの個別指導も受けられる過去問ゼミを開講!少人数制の双方向型講義で理解を深め、徹底した過去問演習と現役弁護士による個別指導や添削指導でより、確実な合格力を身につけることができます。

 

カリキュラム、各回講義流れ

 

論文対策(全25回)
基礎知識確認⇒過去問答案解説⇒答案構成のプロセス解説⇒参考答案の検討
各科目最終回は各自答案を作成し提出⇒講師による添削実施

 

短答対策(全5回)
予備試験短答過去問演習 講義1回あたり2年度分を解説
憲法・民法・刑法・商法⇒2カ年
民訴法・刑訴法⇒1カ年

 

以前に比べて答案構成がしっかり出来るようになったのが収穫でした!

講師との双方向型の生講義は非常に臨場感のある、緊張感のある講義でした。基礎知識の確認は非常に分かりやすく、講義前後で質問も快く受けてくださったので良かったですし、年間を通してペースメーカー的に利用できる講座があって良かったと思います。

 

Wセミナー

 

伊藤塾

 

  • 受講料:1回1.5時間 30,000円+税 / 2時間40,000円+税 ※指導で使用する過去問のレジュメ、答案添削料金を含みます。
  • 指導形態・学習環境:対面による指導(専用個別ブース)・WEBによる指導(遠隔地にお住まいの方でも安心)
  • 塾生でなくても受講可 ※伊藤塾の講義・答練を前提とする指導の場合、当該講義・答練のご受講が必要

 

伊藤塾は司法試験、予備試験のマンツーマン指導を行っており、担当する講師・専任スタッフと相談しながら、合格までのスケジュールを具体的に提示、一人ひとりに合った学習プランで合格を目指すことができます。

 

もともと大手資格学校よりも規模が小さいため、伊藤塾は少人数の司法試験予備校としての特徴があります。しかし『長期間にわたる学習スケジュール管理をしてもらいたい』『短期集中的に答案指導を受けて答案作成に自信をつけたい』『本試験直前期に、学部試験直前期に、まとめて対策をしたい』そんな要望にも応えるため、個別の学習サポートを行っています。

 

①一人ひとりの個性にあった一貫指導 ②対話方式による弱点と原因の顕在化 ③不得意な科目・分野の克服など受講メリットがあり、個々の学習成果の現状に応じた指導は、効果に値する費用で受講することができます。

 

司法試験指導

 

≪指導内容例≫
司法論文実力診断 1~7回
司法論文添削指導 7回~
基本書・百選・演習書で学ぶ合格答案 5回~
司法短答基本指導 3~6回

 

司法試験の過去問を素材に、出題趣旨、採点実感、合格者の再現答案、参考答案等、合格のために必要な教材アイテムを使いながら本試験の論文式試験対策について添削指導を行います。目標は、確実な合格答案または上位答案です。

 

伊藤塾のマンツーマン指導の最大の魅力は、勉強方法を間違わないという点でした。どんなに努力をしてもその方向性が異なれば、合格は難しいと思います。講師は、司法試験の特徴を十分に把握しています。それは、論点や判例の内容だけでなく、答案指導においては、答案の見出し、ナンバリングの仕方、接続詞の使い方、文章のつなぎ方まで、合格答案の作成法を丁寧に指導していただきました。

 

予備試験指導

 

≪指導内容例≫
予備論文実力診断 1~9回
予備論文添削指導 7回~
予備短答基本指導 3~6回
口述集中特訓   1~3回

 

答案の書き方から合格答案の作成まで、論文式試験合格へ導くためのマンツーマンの指導を行います。答案指導では、本試験の過去問を素材に、出題趣旨、合格者の再現答案、参考答案等、合格のために必要な教材アイテムを使用していきます。

 

個別指導は、短い期間の利用でしたが、私が知りたかったこと、本質的な問題点などに気づく事ができました。予備試験という一つの目標はありますが、その先にある司法試験合格までの勉強方法を確立できるようになったので、勉強が楽しくなり、合格までのイメージが明確に持てるようになりました。

 

スクール東京

 

司法試験・予備試験に特化しているスクール東京は、きめ細やかな指導を目指しており、「個別指導」「少人数制ゼミ」が最大の特徴です。対面の少人数授業、または講師が選べる1対1の短答・論文の個別指導、民事系・刑事系・労働法、経済法、知的財産法など科目別に指導選択が可能です。

 

とにかく親切丁寧に、自分あった形で個別指導・サボートして欲しい司法試験、予備試験受験生は注目しておきたい専門予備校となります。

 

短答・論文個別指導

 

受講形態:ライブ(通学/ネット電話)
講師:成川、佐上、武藤、中田、田口先生、他
短答2時間:1,5,10,20,30回(単価13,500円、30回の場合単価11,900円)
論文2時間:1,5,10,20,30回(単価16,500円、30回の場合単価15,000円)

 

スクール東京の個別指導の特徴は、受講生の実力に合わせて、「1対1」で、徹底指導!勉強の仕方・短答(択一)の解き方・論文の書き方等をコンパクトに教えてくれます。そして作成答案は、講師が丁寧に分かりやすく口頭添削してくれます。

 

教室講義なのでそれなりの価格ですが、個別指導の割には安い金額で、早割などの割引制度で割安で受講できる

疑問点が生じた際は、自分のタイミングで質問できるため学習がスムーズ

授業はもちろん、質問回答にも丁寧で、わからないところは自分で調べる必要がないため効率的に学習できる