司法試験~独学で合格するコツ

司法試験~独学で合格するコツ

ここでは司法試験に独学で合格するための秘訣を検証!攻略法をまとめていますので、検察官、弁護士、裁判官の法曹会を目指す人は、参考としてご覧下さいね!

 

司法試験は独学で合格できる?

 

独学のメリットは、費用を最小限に抑えることができるのが最大の魅力です。実際に独学で司法試験合格した人はわずかですが存在しています。ですが、非常に難易度、難関試験とも言われていますので、多くの人が失敗しその後、予備校や通信講座など利用しているのが実情です。

 

しかし100%不可能なわけではありませんので、お金をかけたくない!自分のチカラだけで合格を勝ち取りたいという方は、正しい勉強法と覚悟(心構え)を持ちチャレンジするのも良いでしょう。まずは1回目の試験は独学で挑み、残念ながら不合格となったとしても脈があれば、至らない点を重点に再度、独学で勉強するのも良し。場合によっては、受験専門の学校に委ねるといった選択をするのも良いのではないでしょうか。

 

独学で司法試験合格するための方法

 

効率的な勉強法と学習スケジュール

 

  1. 過去問を解く
  2. それを基に学習計画を立て、勉強する
  3. 過去問を解く
  4. 計画を立て直し、勉強する
  5. 過去問を解く

 

まず参考書や問題集を購入して勉強したあとに過去問を解く流れが受験勉強するパターンが多いですが、司法試験勉強はまず過去問を解くことからスタート!繰り返す過程のなかで、試験合格までの必要な勉強時間を知り、実践することができます。また過去問を解いていくうちに自身の弱点を知り、補強することもできます。

 

そして独学で司法試験突破した人のブログ等を見ると、過去問10年分攻略したという方がいました。

 

量より質!

 

1日に10数時間、何年も勉強していても不合格となる人もいれば、1年間で見事合格している方もいます。大切なのは、「合格に必要な知識を最低限身につける」ことが重要です。学習時間が多ければ、それでやりきったという満足は得られますが、要は少ない時間でも内容が濃くなければ意味がないということです。

 

全国公開模擬試験を受ける

 

受講生じゃなくても、安い費用で受験できる公開模試は、これまでの勉強の成果の確認ができる独学者にとって唯一の場でもあります。会場は実施している予備校の校舎のほかに、自宅受験が可能なところがほとんどです。そして成績表により自分の立ち位置を知ることができ、今後の学習指針に役立てることができます。さらに苦手科目の克服により得点力アップできる実力を身につけることができます。

 

そこで全国公開模試を実施している司法試験予備校は国内に複数ありますので、積極的に利用することをおススメします。

 

独学に近いオンライン学習に注目

 

オンライン学習を主体としている資格スクエアや通勤講座、アガルートアカデミーは、司法試験対策講座を開講!予備校に通うよりも比較的、低価格で学習できるのが魅力です。そして、自宅で勉強できますので、ほぼ独習に近いスタイルで合格を狙うことができます。そして効率的なカリキュラムで効果学習ができる内容になっていますので、時間を無駄にすることなく短期合格を目指すことも期待できます。