司法試験の音声教材(ダウンロード)を徹底比較

司法試験の音声教材(ダウンロード)を徹底比較

大学生なら部活動やアルバイト、そして社会人にしてみれは働きながら試験勉強しなくてはならず、まとまった学習時間が取れないという方もいることでしょう。そこで司法試験、予備試験合格を狙うため、専門予備校や通信講座選びの際は、講義音声が持ち運べる「音声DL教材」についてもチェックしておく必要があります。

 

ここでは音声ダウンロード標準装備されている司法試験予備校(通信講座)に注目!口コミ&評判を交え特徴をまとめていますので、参考比較としてご覧下さいね!

 

※こちらで紹介している情報等は、今後変更、終了となることも考えられますので、公式HP、パンフレット等で確認して下さいね!

 

 

  1. 全国各地に教室多数
  2. 短文式・論文式に対応
  3. 社会人へのフォロー体制抜群

 

 

  • 音声講座(ビデオ講座の音声を切り出したMP3)
  • パソコンのマイページ内から講座をダウンロード
  • ダウンロードしたファイルを好きな端末で聞ける!

 

音声講座のダウンロード方法を教えてください

1.マイページにログイン後、コース学習状況からダウンロードしたいコースを選択します。
2.コースページにて、レッスン一覧のレッスン名(オレンジ色)の右横にある「ダウンロード」ボタン(緑色下向き矢印)をクリックします。
3.「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ファイルのダウンロードについてのポップアップ画面が表示されますので、「保存」をクリックします。

 

他の講座のファイルのダウンロードも同じ手順で繰り返します。
同時に複数のファイルをダウンロードすると、正常にダウンロードができないことがありますので、ファイルのダウンロードは、1つずつ行ってください。

 

スタディング(旧通勤講座)の司法試験対策講座は、音声ダウンロードが可能で、携帯音楽プレーヤーやスマートフォンを使えば、混雑する電車でも音声講座を聞くことができ、慣れてきたら、音声講座の2倍速版を聞けば半分の時間で復習できます。

 

また車通勤の方は、MP3形式の再生に対応しているオーディオ機器であればダウンロードしたファイルをCD-R等に保存して聴講することもできます。司法試験におけるインプット学習が効率的に進めることができます。

働きながら司法試験に合格!通勤時間での学習で、最小限の知識から合格答案を書くノウハウをしっかり学んで合格!通勤講座はミニマムなカリキュラムのため、倍速視聴機能も利用して3回ほど繰り返し受講できました。

 

 

  • Web講義(通学、通信)は、音声ダウンロードが標準装備
  • 講義の音声データは「mp3ファイル」で提供
  • 何度でもいつまでも学習!効率的な勉強法が実現
  • スマホや携帯オーディオプレーヤーで学習
  • 音質の劣化もなく保管場所は不要

 

MP3ファイル形式
●オーディオコーデック : MP3(MPEG-1 Audio Layer-3)
●ビットレート : 64kbps
●サンプリングレート : 24kHz

 

司法試験、予備試験講座を開講しているLECは、通学Web、通信Web講座申込みなら音声DLフォローつきだから、スマートフォン等を使用して電車のなかでも学習することができます。特にWeb通信はパソコンがないと勉強が進みませんが、音声データをダウンロードしてiPodなどの携帯オーディオプレーヤーに入れれば持ち運びも可能!

 

移動中の復習や弱点部分のみ音声データでフォローすれば学習効率UP間違いなしです。司法試験、予備試験対策で音声教材をフル活用したい方はLECは注目しておきたい資格予備校となります。

 

 

  • 通学、通信講座に音声DL標準装備
  • ライブ講義の音声を収録した音声ファイル(WMA形式)
  • 講義の復習や苦手論点の反復学習として利用できる
  • スキマ時間を有効活用
  • 保存後はネット環境を必要としない

 

TACのフォロー・バックアップ制度の一つである「音声DLフォロー」は、様々な場面で活用することができます。一度保存した音声講義を再生機器に転送すればネットが繋がらない場所でも再生可能ですので、通勤通学、昼休みなどスキマ時間も有効活用!本試験まで効率的に学習を進めていくことができます。

 

そして受講生の多くが「とても便利」とクチコミ好評としており、Wセミナー司法試験、予備試験合格に必要な必須アイテムの一つとしていること間違いなしです。