司法試験の倒産法対策講座おすすめはココ!

司法試験の倒産法対策講座おすすめはココ!

司法試験選択科目の一つ、倒産法で合格点確保したい方、また、勉強しているのに、正直わからないという方、乗り換えで時間がない方は必見となっていますよ!ここでは司法試験、予備試験合格者を輩出している受験専門予備校(通信講座)に注目!倒産法対策講座について検証!口コミ、評判、体験談など交え、費用や特徴を紹介しています。

 

一般的に範囲が広いため敬遠されがちな科目ですが、重要事項をしっかり押さえれば、合格点確保することも可能です。そこで倒産法選択者は試験対策の学校選び比較として、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※こちらで紹介している情報等は、今後変更、終了となることも考えられますので、公式HP、パンフレット等で確認して下さいね!

 

 

  1. 全国対応
  2. 低価格で高品質
  3. いつでもどこでも学習OK
  4. 忙しい方におすすめ

 

 

司法試験選択科目対策講座については只今、準備中としています。資格スクエアは、予備試験、司法試験対策講座から多数の合格者をだしており、コストパフォーマンスに優れていると受講者から口コミ定評があります。そのため倒産法対策を検討している受験生は、今後の情報に注目です。

 

 

選択科目総整理講座【倒産法】

 

  • 受講料:通信Web28,080円、通信DVD30,780円
  • 別売教材:藤田広美「破産・再生」(弘文堂)
  • 総回数:全8回 24時間

 

LECの司法試験選択科目倒産法対策講座は、実務経験豊富な講師が担当!小規模から大規模まで多数の倒産事件を扱っていることを活かし、限られた時間の中で効率的に倒産法をマスターできるよう指導しているのが特徴です。

 

 

倒産法 基礎講座

 

  • 受講料:Web通信講座¥36,000、DVD通信講座¥45,000
  • 講義回数(時間):約2.5時間×全10回
  • 問題文・条文ベースの講義
  • アウトプット先行型
  • 完全初学者向けの過去問講座

 

この講義では、とにかく条文を重視して新司法試験の過去問を解いていきます。倒産法初学者にも分かりやすく、条文の一言一句にこだわって解説をして下さいます。

 

この講義を受講して「条文からスタートして考える」練習を積むことで、合格最低ラインを安定して確保することができると感じました。また、他の科目にも通じる非常に重要なことだと気付かせてくれました。この練習を積めば、不要な学説を勉強する時間もカットでき、選択科目の勉強時間を節約できます。

 

講師はH28年司法試験の倒産法で高得点をたたき出した塩見典大講師が担当!過去問を用いて必要な箇所のみ効率よくインプットしていきますので、最短ルートで合格ラインを確実に目指せる能力を身につけることができます。

 

資格の学校TACは全国展開している最大規模の資格予備校として、独自の受験ノウハウがあり、これまでに司法試験、予備試験合格の実績が多数。選択科目の倒産法対策講座を検討中の受験生は、Wセミナーは注目しておきたいものです。

 

 

基礎マスター 選択科目(倒産法)

 

  • 受講料(WEB通信):37,100 円
  • 時間:全24時間
  • 担当講師:山本 悠揮講師
  • 使用教材:試験対策講座 倒産法<初版>(弘文堂)・倒産判例百選<第5版>(有斐閣) ※各自で用意

 

本講座では、まずしっかりと破産法の基礎を身につけたうえで、民事再生法ではどこがどのように異なっているのかということをメリハリをつけて講義を行っていきます。そして短時間で効率よく倒産法の条文構造をマスターすることができます。 伊藤塾は法律系資格に強い受験学校で、司法試験、予備試験についても受験生から選ばれており、選択科目倒産法対策についても自信のある講座となっています。